トップページ

ロールプレス装置.comの特徴

ロールプレス装置で出来ること

対応ワーク

ロールプレス装置の基本仕様

ロールプレス装置の納入実績

サイトマップ

運営会社

個人情報の取り扱いに関して

お問い合わせはこちら

株式会社小松原

ステンレス加工.com

ロール・ドラム・シリンダー製作.com


トップページ ロールプレス装置の納入実績

ロールプレス装置の納入実績

ロールプレス装置 納入実績一覧

名称 ワーク 機能
事例1 : 洗浄後の絞り装置 合成繊維 絞り、搬送
事例2 : 染色、洗浄後の絞り装置(7トン) 天然繊維(デニム) 絞り、搬送
事例3 : 染色、洗浄後の絞り装置(10トン) 天然繊維(デニム) 絞り、搬送
事例4 : フィルム洗浄後の絞り装置 フィルム 絞り、搬送
事例5 : フィルム洗浄後の脱水装置 フィルム 絞り(脱水)、搬送
事例6 : 炭素繊維の洗浄、絞り装置 炭素繊維 絞り、搬送
事例7 : カレンダー加工装置 合成繊維 表面加工(艶出し・目潰し)
事例9 : スポンジゴムのプレス搬送装置 スポンジゴム 成型、搬送
事例10: 加硫後のスポンジゴムの引取装置 スポンジゴム 成型、搬送
事例11: 不織布乾燥後のフィード装置 不織布 乾燥、搬送

事例1 : 洗浄後の絞り装置  (ワーク)合成繊維  (加工)絞り、搬送

ワーク 合成繊維
目的・機能 洗浄後の絞り
荷重(押圧・線圧) 1トン
ロール巾 2000w
ロール径 Φ230
ロール種類 Φ230NBRゴムロール 2本の組み合わせ
機   構 下側ゴムロールが駆動し、上側ロールがエアー式ダイヤフラムで上下しニップする。
ロールの機能 絞り
加圧方法 ダイヤフラム式
スピード 10~50m/min
精   度 振れ:0.2 外径公差:±0.3 バランス:1000g

事例2 : 染色、洗浄後の絞り装置(7トン)  (ワーク)天然繊維(デニム)  (加工)絞り、搬送

ワーク 天然繊維(デニム)
目的・機能 染色、洗浄後の絞り
荷重(押圧・線圧) 7トン
ロール巾 1800w
ロール径 Φ325ゴムロール Φ280SUSロール
ロール種類 Φ325ゴムロール Φ280SUSロール 2本の組み合わせ
機   構 下側SUSロールが駆動し、上側ゴムロールがエアー式ダイヤフラムで上下しニップする。
ロールの機能 絞り
加圧方法 エアー式ダイヤフラム
スピード 30m/min
精   度 SUSロール:振れ 0.05 外径公差:±0.3 バランス:1000g
ゴムロール:振れ 0.1  外径公差:±0.3 バランス:500g

事例3 : 染色、洗浄後の絞り装置(10トン)  (ワーク)天然繊維(デニム)  (加工)絞り、搬送

ワーク 天然繊維(デニム)
目的・機能 染色、洗浄後の絞り
荷重(押圧・線圧) 10トン
ロール巾 1800w
ロール径 Φ355ゴムロール Φ300SUSロール
ロール種類 Φ355ゴムロール Φ300SUSロール 2本の組み合わせ
機   構 下側SUSロールが駆動し、上側ゴムロールがエアー式ダイヤフラムで上下しニップする。
ロールの機能 絞り
加圧方法 エアー式ダイヤフラム
スピード 30m/min
精   度 SUSロール:振れ 0.05 外径公差:±0.3 バランス:1000g
ゴムロール:振れ 0.1  外径公差:±0.3 バランス:500g

事例4 : フィルム洗浄後の絞り装置  (ワーク)フィルム  (加工)絞り、搬送

ワーク フィルム
目的・機能 フィルム洗浄後の絞り
荷重(押圧・線圧) 254.3kgf
ロール巾 650w
ロール径 Φ100ゴムロール
ロール種類 Φ100 NBR ゴムロール
機   構 下側ゴムロールが駆動し、上側ゴムロールが上下し製品をニップする。
ロールの機能 絞り
加圧方法 エアーシリンダー式
スピード 0.05~20m/min
精   度 振れ:0.05 外径公差:±0.1 バランス:30g

事例5 : フィルム洗浄後の脱水装置  (ワーク)フィルム  (加工)絞り(脱水)、搬送

ワーク フィルム
目的・機能 フィルム洗浄後の脱水
荷重(押圧・線圧)
ロール巾 650w
ロール径 Φ230 ゴムロール Φ230 サクションロール
ロール種類 Φ230ゴムロール Φ230 サクションロール(SUS)
機   構 下側サクションロールが駆動し、上側ゴムロールが上下して製品を絞りながらサクションロールから脱水する。
ロールの機能 絞り、脱水
加圧方法 エアーシリンダー式
スピード 0.05~20m/min
精   度 ゴムロール 振れ:0.2 外径公差:±0.3 バランス:400g
サクションロール 振れ:0.03 外径公差:±0.1 バランス60g

事例6 : 炭素繊維の洗浄、絞り装置  (ワーク)炭素繊維  (加工)絞り、搬送

ワーク 炭素繊維
目的・機能 炭素繊維の洗浄、絞り
荷重(押圧・線圧) MAX400(線圧:約6.7kgf/cm)
ロール巾 600w
ロール径 Φ200
ロール種類 SUSロール
機   構 前側ニップ装置で製品を送り込み、FV洗浄機で洗浄、後側ニップ装置で絞る。
ニップ装置は下側が駆動し、上側ロールが上下する。
ロールの機能 送り込み、絞り
加圧方法 エアーシリンダー式
スピード 2~50m/min
精   度 振れ:0.05 外径公差:±0.05 バランス:50g

事例7 : カレンダー加工装置  (ワーク)合成繊維  (加工)表面加工(艶出し・目潰し)

ワーク 合成繊維
目的・機能 表面加工 : 艶出し・目潰し
荷重(押圧・線圧) 5トン(200kg/cm)
ロール巾 250w
ロール径 Φ225 ヒートロール(メッキ) Φ350樹脂ロール
ロール種類 Φ225 ヒートロール(メッキ) Φ350樹脂ロール 2本の組み合わせ
機   構 上側SUSロールが駆動し、下側樹脂ロールがエアー式ダイヤフラムで上下しワークを加圧する。
ロールの機能 加熱
加圧方法 エアー式ダイヤフラム
スピード 5~30m/min
精   度 振れ:0.08 外径公差:±0.3 バランス:100g

事例9 : スポンジゴムのプレス搬送装置  (ワーク)スポンジゴム  (加工)成型、搬送

ワーク ゴム
目的・機能 スポンジゴムのプレス搬送
荷重(押圧・線圧)
ロール巾 300w
ロール径 Φ100
ロール種類 メッキロール
機   構 手動にて上側ロールを上下させスポンジゴムをプレス搬送する。
ロールの機能 プレス搬送
加圧方法 手動ハンドル式
スピード 1~10m/min
精   度 振れ0.05mm 外径公差±0.3mm バランス50g

事例10: 加硫後のスポンジゴムの引取装置  (ワーク)スポンジゴム  (加工)成型、搬送

ワーク ゴム
目的・機能 加硫後のスポンジゴムの引取
荷重(押圧・線圧)
ロール巾 1200w
ロール径 Φ230
ロール種類 メッキロール
機   構 上下メッキロールが駆動し、製品を搬送する。
ロールの機能 ゴムの搬送
加圧方法 エアーシリンダー式
スピード 1~10m/min
精   度

事例11: 不織布乾燥後のフィード装置   (ワーク)不織布  (加工)乾燥、搬送

ワーク 不織布
目的・機能 不織布乾燥後のフィード装置
荷重(押圧・線圧) 248kgf(0.4Mpa)
ロール巾 1650w
ロール径 Φ210 ゴムロール
ロール種類 NBRゴムロール
機   構 下側ロールが駆動し、上側ロールが上下して製品を挟み込み搬送していく。
ロールの機能 製品の搬送
加圧方法 エアーシリンダー式
スピード 1m/min
精   度 振れ:0.05 外形公差:±0.2 バランス:400g

テクニカルセンター

ロールプレス装置.comのテクニカルセンターでは、各種ワークを持ち込んで表面加工(処理)や絞りなどのワークテストが可能です。

繊維設備機械
  樹脂ロールカレンダーのテスト機仕様
  ロール幅 : 900mm   
  ヒートロール温度 : Max. 220℃
  加圧(線圧) : Max. 300kg/cm 

 

| ページトップへ戻る |